×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

-20-
まなじりの戻りきれなき雪女
-19-
自販機の野路にごとりと冬の声
-18-
まなびやの窓に結晶爆ぜる雪
-17-
小米雪(こごめゆき)まつ毛に乗りておおきなる
-16-
熱燗の片足触るる奈落の戸
-15-
(やや)のぞく不思議の国の初鏡
-14-
爪先(つまさき)に冬日乗り来る自動ドア
-13-
自動ドア出でて飛雪(ひせつ)の横っ面
-12-
熱燗の烏賊徳利(いかどっくり)の身をよじる
-11-
北風の遊び始めし紅き(まり)
-10-
凍雲(いてぐも)の光こぼるる砂時計
-9-
こっくりと冬日うなじを倒しやる
-8-
船酔いの寒気(かんき)にひらく(おの)(えら)
-7-
ポケットに手と手をつなぐ冬銀河
-6-
踏み出だす今日という日を雪の朝
-5-
瞳孔どうこうがしぼりきらるる雪の朝
-4-
ネクタイのしわしわ眠る冬日向
-3-
ころびたる深雪みゆきにしばし身をあずく
-2-
ため息の白きに我に返りたる
-1-
遅れ来て傘の時雨しぐれをひと振りに